読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫によるDVや子供の登校拒否に悩んでる方へ

思いきって、今日から私が乗り越えてきた試練の日々を、書こうと思います。

もし、このブログを読んでくれた方が、今置かれている現状から脱出でき、少しでも救われるのなら本望です。

 

前置きが長くなりましたが、私は24才で結婚をし、娘と息子を授かりました。

事の発端は、私が27才の時に父が亡くなってから始まりました。

もともとワガママだった夫は、私の父だけが彼を叱る役割を果たしており、彼は父を大変怖がっておりました。

その父が亡くなってしまい、彼を叱る人が居なくなり、ワガママがヒートアップしはじめたのです。

それは、ワガママから暴力に変わり、ギャンブル依存、浮気、アルコール依存性と、泥沼にはまって行きました。

 

ここからが問題です。自分の名義ではなく、私名義のカードで借金をし、カードが使えなくなると何度となく無人で作れるカード会社へ連れていかれ、カードを作らされました。

 

断ればいいじゃない

そう思うかもしれませんが、断れば機嫌が悪くなり、子供達にまで八つ当たりする日々…私が殴られたり蹴られたり首を絞められるのは我慢できても、子供達に暴力や暴言をはかれるのが怖かった。

夫の両親は、彼の暴言、暴力が始まると、私達をかばうことなく、家から逃げ出す。

私は、彼が親に手を上げるのを何度も身を呈して止めているのに…

 

そんな毎日を、38才まで11年間耐えた結果、ある日仕事中、運送会社に勤めていた私は、自分が配達しなければならない場所が何処なのか行き先が思い出せなくなったのです。運転中にパニックになりました。だって自分が今いる場所がわからなくなってしまったのだから…これはかなりヤバイ状態に陥ってしまった!と思い、精神科を受診することにしました。病院に向かう道も何度も同じところをぐるぐる回り、なかなか辿り着けない…普段なら簡単に行ける所に行けない。診察してもらう前から、これはかなり重症かも…案の定、即入院になり、退院後も部屋から出られなくなり、母や友人の電話にさえも出られなくなりました。

生きているのが辛くて、毎日が怖くて、同じ屋根の下で夫との生活が2階と1階との別居生活が始まりました。

 

そして、子供達の登校拒否がはしまります。

 

この続きは、次回にします。

 

今現在、苦しんでいる貴女…症状は違ったとしても、少しでも自分の異変に気が付いているのなら、精神科は恥ずかしい所でも、世間体が悪くなる場所でもありません。

何より、守るべきお子さんがいらっしゃるのなら尚更直ぐに受診するべきです。

私は、最悪の状態になるまで放置した結果、44才になった今も通院しています。

もっと早く対処していれば…

そうならないように、早く現状を変える事を、心からお勧め致します。

それでは、続きはまた近いうちに…

読んで下さって、ありがとうございます。